メディアとテロリズム(新潮新書)

福田充/著
配信開始日: 2012/08/31
価格:660円(税込)
新潮新書
ノンフィクション一般
作品カナ:メディアトテロリズムシンチョウシンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-610324-7
テロリストは言った。「ゴールデンタイムまで撃つな!」
「メディアの存在はテロリストに酸素を供給しているようなもの」(サッチャー英元首相)。いまやテロリストはTVやネットなどのメディアで自らの存在をアピールし、犯行を喧伝する。対するメディアはそれを報じ、部数や視聴率を稼ぐ。これでは“共生”どころか“共犯”ではないのか? 気鋭のメディア社会学者による“負のスパイラル”の歴史、現状、そして解決策――。

購入サイト

福田充(フクダ・ミツル) プロフィール

1969(昭和44)年生まれ。現コロンビア大学客員研究員(NY在住)、日本大学法学部新聞学科准教授(メディア社会学)。東京大学大学院・博士課程単位取得退学。専門はテロや災害などメディアの危機管理。内閣官房等でテロ対策や危機管理関連の委員を歴任。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

新潮新書のおすすめ書籍

ページの先頭へ