正岡子規

ドナルド・キーン/著、 角地幸男/訳
配信開始日: 2013/02/08
価格:1,584円(税込)
単行本
文学論 作家論
作品カナ:マサオカシキ
紙書籍ISBN:978-4-10-331708-1
たえず挑戦しつづけた子規の生涯を精緻にたどる本格的評伝、ついに完成!
西洋文明の衝撃により、日本の伝統文化が危機に瀕するさなか、「ホトトギス」を創刊、「写生」という新たな手法により、俳句と短歌に革命をもたらし、国民的文芸にまで高めた子規。幼いときの火事体験から、ベースボールへの熱狂、漱石との交友、蕪村の再発見、そして晩年の過酷な闘病生活まで、正岡子規評伝の決定版。

関連記事

購入サイト

ドナルド・キーン(Keene,Donald Lawrence) プロフィール

(1922-2019)ニューヨーク生れ。コロンビア大学名誉教授。日本文学の研究、海外への紹介などの功績によって1962(昭和37)年、菊池寛賞、1983年、山片蟠桃賞、1990(平成2)年、全米文芸評論家賞、1993年、勲二等旭日重光章を受章。2002年、文化功労者に選ばれる。2008年、文化勲章を受章。2012年、日本国籍を取得。『百代の過客』(読売文学賞、日本文学大賞)『日本人の美意識』『日本の作家』『日本文学史(全18巻)』『明治天皇』(毎日出版文化賞)など著書多数。

この著者の書籍

角地幸男(カクチ・ユキオ) プロフィール

文学論のおすすめ書籍

作家論のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ