Crisis and Conquest - The Story of the Roman People vol. VIII

塩野七生/著、 ロナルド・ドーア/訳、 イアン・マクドナルド/訳
配信開始日: 2015/03/20
価格:1,540円(税込)
文芸一般 戦記小説 西洋史
作品カナ:Crisis and Conquest - The Story of the Roman People08
シリーズ名: The Story of the Roman People
With Nero's death in 68 AD, the divine Augustus' bloodline was at an end. The Roman Empire was plunged into chaos and a series of bloody civil wars ensued. In the span of less than a year, three military men were proclaimed emperor and each in turn was assassinated. What the Romans needed was a savior-someone with common sense and sound judgment. Vespasian was that man. Though blessed with neither an illustrious pedigree nor exceptional ability, he and his sons, Titus and Domitian, led Rome out of crisis into an era of even greater prosperity. This volume uncovers the Romans' unique ability to overcome and thrive on adversity.

*CONTENTS*
Preface
The Roman Empire (circa AD 68-69)
Emperors of the Early Empire/The Flavian Dynasty (abridged)
Chapter One: Emperor Galba
Chapter Two: Emperor Otho
Chapter Three: Emperor Vitellius
Chapter Four: In the Remote Corners of the Empire
Chapter Five: Emperor Vespasian
Chapter Six: Emperor Titus
Chapter Seven: Emperor Domitian
Chapter Eight: Emperor Nerva
Chronology
References
About the Series and Author

購入サイト

塩野七生(シオノ・ナナミ) プロフィール

1937年7月7日、東京生れ。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくむ(2006 年に完結)。1993年、『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2007年、文化功労者に選ばれる。2008ー2009年、『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊完結。2013年、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。2017年、「ギリシア人の物語」シリーズ全3巻を完結させた。

この著者の書籍

ロナルド・ドーア(Dore,Ronald) プロフィール

イアン・マクドナルド(MacDonald,Ian) プロフィール

文芸一般のおすすめ書籍

戦記小説のおすすめ書籍

西洋史のおすすめ書籍

ページの先頭へ