The Beginning of the End - The Story of the Roman People vol. XI

塩野七生/著、 ロナルド・ドーア/訳
配信開始日: 2016/02/15
価格:1,540円(税込)
文芸一般 戦記小説 西洋史
作品カナ:The Beginning of the End - The Story of the Roman People11
シリーズ名: The Story of the Roman People
Under the Five Good Emperors, Rome enjoyed unprecedented peace and prosperity. The last of these, Marcus Aurelius, has long enjoyed a reputation for prudence, deliberation and fairness. But was his rule a prelude to Rome's decline and fall? Backed up by penetrating insight, this unsurpassed portrait of one of Rome's most revered emperors is highly relevant to our own times. *CONTENTS* Roman Empire in second century AD/Chapter One: Emperor Marcus Aurelius/Chapter Two: Emperor Commodus/Chapter Three: The Age of Civil War/Chapter Four: Emperor Septimius Severus/Chronology/References/About the Series and Author

購入サイト

塩野七生(シオノ・ナナミ) プロフィール

1937年7月7日、東京生れ。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくむ(2006 年に完結)。1993年、『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2007年、文化功労者に選ばれる。2008ー2009年、『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊完結。2013年、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。2017年、「ギリシア人の物語」シリーズ全3巻を完結させた。

この著者の書籍

ロナルド・ドーア(Dore,Ronald) プロフィール

文芸一般のおすすめ書籍

戦記小説のおすすめ書籍

西洋史のおすすめ書籍

ページの先頭へ