やまいだれの歌

西村賢太/著
配信開始日: 2015/01/16
価格:1,320円(税込)
単行本
純文学
作品カナ:ヤマイダレノウタ
紙書籍ISBN:978-4-10-303236-6
十代にして人生列車のレールを外れた貫多の、労働と悪態、片恋と小説の日々。
中卒で家出しその日暮らしを繰り返していた北町貫多は、十九歳にして心機一転を図ろうとした。横浜で新しい仕事を得、片恋する相手も見つけ、人生の軌道修正も図れるかと思いきや、ほどなく激しい失意が訪れる。そのとき彼の心の援軍となったのは、或る私小説家の本だった──。暗い青春の軌道を描く待望の長篇私小説。

関連記事

購入サイト

西村賢太(ニシムラ・ケンタ) プロフィール

1967(昭和42)年、東京都生れ。中卒。2007(平成19)年『暗渠の宿』で野間文芸新人賞、2011年「苦役列車」で芥川賞を受賞。刊行準備中の『藤澤清造全集』(全五巻別巻二)を個人編輯。文庫版『根津権現裏』『藤澤清造短篇集』を監修。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『二度はゆけぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『廃疾かかえて』『随筆集 一私小説書きの弁』『人もいない春』『西村賢太対話集』『随筆集 一日』『一私小説書きの日乗』『棺に跨がる』『形影相弔・歪んだ忌日』『けがれなき酒のへど 西村賢太自選短篇集』『やまいだれの歌』『痴者の食卓』ほか。

この著者の書籍

純文学のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ