スフィアの死天使―天久鷹央の事件カルテ―(新潮文庫nex)

知念実希人/著
配信開始日: 2016/02/26
価格:737円(税込)
新潮文庫nex
ライトノベル
作品カナ:スフィアノシテンシアメクタカオノジケンカルテシンチョウブンコネックス
シリーズ名: 天久鷹央の事件カルテ
紙書籍ISBN:978-4-10-180044-8
私に解けない病気(ナゾ)はない。天才女医の名推理、開幕。
外科医を辞め、内科医としての修業を積むべく、天医会総合病院の門を叩いた小鳥遊優は、そこで運命的な出会いを果たす。天久鷹央(あめくたかお)。空気を読めず、人とのコミュニケーションに難がある彼女は、しかし日本最高峰の頭脳を持つ天才女医だった――。宇宙人による洗脳を訴える患者。謎の宗教団体。そして、院内での殺人。鷹央と小鳥、二人の出会いを描いた長編メディカル・ミステリー。

購入サイト

知念実希人(チネン・ミキト) プロフィール

1978(昭和53)年、沖縄県生れ。東京慈恵会医科大学卒業。2004(平成16)年から医師として勤務。2011年、「レゾン・デートル」で島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。2012年、同作を『誰がための刃』と改題し、デビュー。 2018年、『崩れる脳を抱きしめて』で広島本大賞、沖縄書店大賞を受賞。同作で本屋大賞にノミネートされる。他の著書に「天久鷹央」シリーズ、『螺旋の手術室』『ひとつむぎの手』『仮面病棟』『ムゲンのi』『優しい死神の飼い方』『硝子の塔の殺人』などがある。

この著者の書籍

ライトノベルのおすすめ書籍

新潮文庫nexのおすすめ書籍

ページの先頭へ