石川啄木

ドナルド・キーン/著、 角地幸男/訳
配信開始日: 2016/08/05
価格:1,936円(税込)
単行本
評論一般 作家論
作品カナ:イシカワタクボク
紙書籍ISBN:978-4-10-331709-8
現代歌人の先駆となった啄木の壮烈な生涯をたどる渾身の本格的評伝!
生地日戸村には一切触れず、啄木が自らの「故郷」と呼んだ渋民村。函館、小樽、釧路を転々とした北海道での漂泊。金田一京助とのあいだの類いまれなる友情。そして、千年に及ぶ日本の日記文学の伝統を受け継いだ『ローマ字日記』。膨大な資料をもとに啄木の生涯と作品を丹念に読み解く、九十三歳の著者が精魂傾けた傑作評伝。

関連記事

購入サイト

ドナルド・キーン(Keene,Donald) プロフィール

(1922-2019)1922年ニューヨーク生まれ。コロンビア大学卒、同大学教授。1962年、古典ならびに現代日本文学の翻訳による海外への紹介の功績により菊池寛賞。1998年、『日本文学の歴史』全18巻完結等により朝日賞。2002年、『明治天皇』により毎日出版文化賞。そのほか多数の著作により読売文学賞、日本文学大賞、全米批評家協会賞など多くの文学賞を受賞。2008年、文化勲章受章。2012年、日本国籍を取得。2019年、逝去。

この著者の書籍

角地幸男(カクチ・ユキオ) プロフィール

『明治天皇』(新潮文庫)、『日本人の戦争』(文春文庫)、『ドナルド・キーン自伝』(中公文庫)など、日本文学研究家ドナルド・キーン氏の著作の翻訳者。1948(昭和23)年、東京神田生。早大仏文卒。ジャパンタイムズ編集局勤務を経て、現在、城西短期大学准教授。『明治天皇』の訳業で毎日出版文化賞受賞。

この著者の書籍

評論一般のおすすめ書籍

作家論のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ