大家さんと僕

矢部太郎/著
配信開始日: 2017/11/10
価格:1,100円(税込)
単行本
エッセイ・随筆 エッセイ・日記
作品カナ:オオヤサントボク
シリーズ名: 大家さんと僕
紙書籍ISBN:978-4-10-351211-0
一風変わった大家さんとの“二人暮らし”の日々は、ほっこり度100%!
1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた――。泣き笑い、奇跡の実話漫画。
※このコンテンツは固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

関連記事

購入サイト

矢部太郎(ヤベ・タロウ) プロフィール

1977(昭和52)年、東京生れ。芸人・漫画家。1997(平成9)年に「カラテカ」を結成。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。2018(平成30)年、初めて描いた漫画『大家さんと僕』で手塚治虫文化賞短編賞を受賞。他の著書に『大家さんと僕 これから』『「大家さんと僕」と僕』(共著)『ぼくのお父さん』『楽屋のトナくん』『マンガ ぼけ日和』『プレゼントでできている』などがある。

この著者の書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

エッセイ・日記のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ