ボダ子

赤松利市/著
配信開始日: 2019/10/04
価格:1,705円(税込)
単行本
文芸一般
作品カナ:ボダコ 
紙書籍ISBN:978-4-10-352481-6
愛する娘は“ボーダー”だった! 63歳にして新人。異能の作家が実体験を基に描く、正真正銘の問題作!
バブルのあぶく金を掴み、順風満帆に過ごしてきたはずだった。やがて事業は破綻し、境界性人格障害(ボーダー)の娘を連れた大西浩平は東北で土木作業員へと転身。再起を賭し、津波避難タワー建設へ奔走するも、それは奈落への序章に過ぎなかった。圧倒的な孤独、極限の恐怖、そして、絶望の頂へ――。あなたは、この現実を直視できるか。

関連記事

購入サイト

赤松利市(アカマツ・リイチ) プロフィール

1956年、香川県生まれ。2018年、「藻屑蟹」で第一回大藪春彦新人賞を受賞。他の著書に『鯖』『らんちう』『藻屑蟹』。『ボダ子』が四作目となる。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ