迷宮の月

安部龍太郎/著
配信開始日: 2020/10/02
価格:2,090円(税込)
単行本
文芸一般 時代小説
作品カナ:メイキュウノツキ
紙書籍ISBN:978-4-10-378810-2
国家機密を胸に粟田真人は長安を目指した。そこが迷宮の入り口とも知らずに……。
遣唐使の代表として波濤を越え運河を遡った真人。その眼に映る唐は、則天武后のもとで大きく様変りしていた。解決せずには帰国も覚束ない懸案があった。使節団にも漏らすことの出来ぬ秘密交渉の糸口はどこにあるのか。ゆくりなくも彼は、王宮の奥つ城で妖しくも美しい月を見た――。作家生活三十年の蓄積を傾けた歴史情報小説。

関連記事

購入サイト

安部龍太郎(アベ・リュウタロウ) プロフィール

1955年、福岡県生れ。1990年『血の日本史』でデビュー。『黄金海流』『彷徨える帝』『関ヶ原連判状』等の重厚かつサスペンスフルな時代小説を連打、その頃に「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という伝説が生れた。2005年『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞、2013年『等伯』で直木賞を受賞。近作に『冬を待つ城』『姫神』『義貞の旗』『海の十字架』等がある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

時代小説のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ