国道16号線―「日本」を創った道―

柳瀬博一/著
配信開始日: 2020/11/17
価格:1,595円(税込)
単行本
評論一般 ノンフィクション一般 社会 文化史・文化論 地理
作品カナ:コクドウジュウロクゴウセンニホンヲツクッタミチ
紙書籍ISBN:978-4-10-353771-7
首都圏をぐるり、330キロのこの道は、日本史上常に重要な地域であり続けた!
旧石器時代から人が住み、武士集団が駆け、頼朝と家康を呼び寄せた。近代に入ると絹と軍艦で経済を支え、ユーミンはじめ新しい歌がここから生まれた――横須賀、横浜、町田、八王子、川越、柏、木更津、と該当エリアには1000万人が住み、全国一混雑する道でもある。「道」と「地形」で読み解く、なるほど!痛快文明論。

関連記事

購入サイト

柳瀬博一(ヤナセ・ヒロイチ) プロフィール

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授(メディア論)。1964年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル社(現・日経BP社)に入社し「日経ビジネス」記者を経て単行本の編集に従事。『小倉昌男 経営学』『日本美術応援団』『社長失格』『アー・ユー・ハッピー?』『流行人類学クロニクル』『養老孟司のデジタル昆虫図鑑』などを担当。「日経ビジネ スオンライン」立ち上げに参画、のちに同企画プロデューサー。TBSラジオ、ラジオNIKKEI、渋谷のラジオでパーソナリティとしても活動。2018年3月、日経BP社を退社、同4月より現職に。著書に『インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ』(小林弘人と共著、晶文社)、『「奇跡の自然」の守りかた』(岸由二と共著、ちくまプリマー新書)、『混ぜる教育』(崎谷実穂と共著、日経BP社)。

この著者の書籍

評論一般のおすすめ書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

社会のおすすめ書籍

文化史・文化論のおすすめ書籍

地理のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ