オーバーヒート

千葉雅也/著
配信開始日: 2021/07/09
価格:1,650円(税込)
単行本
文芸一般
作品カナ:オーバーヒート
紙書籍ISBN:978-4-10-352972-9
言語が僕を隔てている。男たちが跳梁する空間から――。
第165回芥川賞候補となった最新作「オーバーヒート」に、第45回川端康成文学賞受賞の初短篇「マジックミラー」を併録! 『デッドライン』で鮮烈な小説家デビューを果たした哲学者による現代日本文学の最前線言語が僕を隔てている。男たちが跳梁する空間から――。東京への愛惜を抱きつつ大阪に暮らし、京都の大学で教鞭を執る哲学者。「言語は存在のクソだ!」と嘯きながら、言葉と男たちの肉体とのあいだを往復する。年下の恋人への思慕、両親の言葉、行きつけのバー、失われた生家である「大きな白い家」、折々のツイート……。「僕」を取り巻く時間と人びとを鮮やかに描く新作長篇「オーバーヒート」。ハッテン場と新宿2丁目の移ろい、甦る記憶が現在を照射するさまを描いた、選考委員絶賛の川端賞受賞作「マジックミラー」を併録。

関連記事

購入サイト

千葉雅也(チバ・マサヤ) プロフィール

1978年栃木県生まれ。東京大学教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。博士(学術)。2021年7月現在は立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。2019年、初の長篇小説『デッドライン』で野間文芸新人賞を、2021年、初の短篇「マジックミラー」で川端康成文学賞を受賞。新作「オーバーヒート」が芥川賞候補に。著書に『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』『勉強の哲学――来たるべきバカのために』『意味がない無意味』『アメリカ紀行』『ツイッター哲学――別のしかたで』など。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ