出版禁止 いやしの村滞在記

長江俊和/著
配信開始日: 2021/08/31
価格:1,760円(税込)
単行本
文芸一般 ミステリ ホラー
作品カナ:シュッパンキンシイヤシノムラタイザイキ
シリーズ名: 出版禁止
紙書籍ISBN:978-4-10-336174-9
読後、心身に変調をきたしても、責任は負いかねますので、ご了承下さい。
大切な人、信頼していた人に裏切られ、傷ついた人々が再起を期して集団生活を営む「いやしの村」。一方、ネット上には、その村は「呪いで人を殺すカルト集団」という根強い噂があった。噂は本当なのか? そもそも、呪いで人を殺すことなどできるのか? 真実を探るため、ルポライターが潜入取材を試みるのだが――。取扱注意! この本には、「呪い」がかかっています。

関連記事

購入サイト

長江俊和(ナガエ・トシカズ) プロフィール

1966年、大阪生まれ。映像作家、小説家。2003年に第一回が放送された「放送禁止」シリーズは、不定期な深夜番組ながら、熱狂的なファンを獲得。その後、テレビ版七本、劇場版三本が製作され、「放送禁止」ブランドとして確立した。また、2002年には『ゴーストシステム』で小説家としてもデビュー。2014年に刊行された『出版禁止』は、テレビでも紹介され、大きな話題となった。『出版禁止 いやしの村滞在記』は、その第三弾となる。他書に、『出版禁止 死刑囚の歌』『掲載禁止』『検索禁止』(新潮社)、『東京二十三区女』(幻冬舎)、『恋愛禁止』(KADOKAWA)などがある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

ミステリのおすすめ書籍

ホラーのおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ