風が強く吹いている

三浦しをん/著
配信開始日: 2008/02/22
価格:902円(税込)
単行本
文芸一般 純文学
作品カナ:カゼガツヨクフイテイル
紙書籍ISBN:978-4-10-454104-1
君だったのか、俺が探していたのは――。走れ、「速く」ではなく「強く」。目指すは箱根駅伝! 直木賞作家の本領全開、超ストレートな大型青春小説。
君だったのか、俺が探していたのは。走れ、「速く」ではなく「強く」。目指すは箱根駅伝――!! 走るために生まれながら、走ることから見放されかけていた清瀬と蔵原。2人は無謀にも陸上とは無縁だった8人と「箱根」に挑む。走ることの意味と真の“強さ”を求めて……。箱根の山は蜃気楼ではない。タスキをつないで上っていける、俺たちなら――。直木賞作家の本領全開、超ストレートな大型青春小説。

購入サイト

三浦しをん(ミウラ・シヲン) プロフィール

1976(昭和51)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒業。2000(平成12)年、書下ろし長篇小説『格闘する者に○(まる)』でデビュー。以後、『月魚』『秘密の花園』『私が語りはじめた彼は』などの小説を発表。『乙女なげやり』『あやつられ文楽鑑賞』『悶絶スパイラル』『本屋さんで待ちあわせ』『ぐるぐる♡博物館』など、エッセイ集も注目を集める。2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞、2012年『舟を編む』で本屋大賞、2015年『あの家に暮らす四人の女』で織田作之助賞を受賞。他に小説『むかしのはなし』『風が強く吹いている』『きみはポラリス』『仏果を得ず』『光』『神去なあなあ日常』『天国旅行』『木暮荘物語』『政と源』などがある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

純文学のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ