内面からの報告書

ポール・オースター/著、 柴田元幸/訳
配信開始日: 2017/10/06
価格:2,420円(税込)
単行本
アメリカ文学 エッセイ・随筆
作品カナ:ナイメンカラノホウコクショ
紙書籍ISBN:978-4-10-521719-8
外見は変わっても、君はまだかつての君なのだ――。心の地層を掘り起こして記す回想録。
初めて書いた詩。父の小さな嘘。憧れのスポーツ選手たち。心揺さぶられた映画。エジソンとホームズ。ユダヤ人であることとアメリカ人であること。学生運動の記憶。元妻リディア・デイヴィスへの熱い手紙――。現代米文学を代表する作家が、記憶をたぐり寄せ率直に綴った報告書。『冬の日誌』と対を成す、精神をめぐる回想録。

関連記事

購入サイト

ポール・オースター(Auster,Paul) プロフィール

1947年生れ。コロンビア大学卒業後、数年間各国を放浪する。1970年代は主に詩や評論、翻訳に創作意欲を注いできたが、1985年から1986年にかけて、『ガラスの街』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』の、いわゆる「ニューヨーク三部作」を発表し、一躍現代アメリカ文学の旗手として脚光を浴びた。他の作品に『ムーン・パレス』『偶然の音楽』『リヴァイアサン』『ティンブクトゥ』『幻影の書』などがある。

この著者の書籍

柴田元幸(シバタ・モトユキ) プロフィール

東京生まれ。米文学者・東京大学名誉教授・翻訳家。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞、『メイスン&ディクスン』(トマス・ピンチョン著)で日本翻訳文化賞、翻訳の業績により早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。アメリカ現代文学を精力的に翻訳するほか著書多数、また文芸誌「MONKEY」の責任編集も務める。

この著者の書籍

アメリカ文学のおすすめ書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ