AI監獄ウイグル

ジェフリー・ケイン/著、 濱野大道/訳
配信開始日: 2022/01/14
価格:2,420円(税込)
単行本
ノンフィクション一般 社会 政治
作品カナ:エーアイカンゴクウイグル
紙書籍ISBN:978-4-10-507261-2
新疆ウイグル自治区は米中テック企業が作った「最悪の実験場」だった。
DNA採取、顔と声を記録する「健康検査」、移動・購入履歴ハッキング、密告アプリ――そしてAIが「信用できない人物」を選ぶ。「デジタルの牢獄」と化したウイグルの恐るべき実態は、人類全体の未来を暗示するものだった。少女の危険な逃避行を軸に、圧倒的な取材力で描き出す衝撃の告発。成毛眞氏、橘玲氏、驚愕!!

関連記事

購入サイト

ジェフリー・ケイン(Cain,Geoffrey) プロフィール

アメリカ人の調査報道ジャーナリスト/テックライター。アジアと中東地域を取材し、エコノミスト誌、タイム誌、ウォール・ストリート・ジャーナル紙など多数の雑誌・新聞に寄稿。2020年発表のデビュー作SAMSUNG RISING:The Inside Story of the South Korean Giant That Set Out to Beat Apple and Conquer Tech(『サムスンの台頭』[未訳])はフィナンシャル・タイムズ紙とマッキンゼー社が主催するビジネス本大賞候補に選ばれた。2022年1月現在はトルコ・イスタンブールに在住。

この著者の書籍

濱野大道(ハマノ・ヒロミチ) プロフィール

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

社会のおすすめ書籍

政治のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ