風は山河より(四)(新潮文庫)

宮城谷昌光/著
配信開始日: 2015/02/06
価格:638円(税込)
新潮文庫
歴史小説−中世
作品カナ:カゼハサンガヨリ04シンチョウブンコ
シリーズ名: 風は山河より
紙書籍ISBN:978-4-10-144454-3
広忠、定村、非命に斃る。戦国の世に新たな暗雲が立ち込める。松平、今川、菅沼、時代が大きなうねりを見せる第四巻。
戸田正直の奸計により尾張へ運ばれた竹千代であったが、織田から思わぬ厚遇を受ける。人質を掠奪され、なお駿府に臣従する決意をした広忠は、佐久間氏に送り込まれた隻眼の男の凶刃に斃れる。義元は三河攻略のため安祥城を攻め、竹千代を奪還、制圧への足固めをする。一方、義元の下知により、雨山城に兵を向けた菅沼定村は、戦場で命を落とす。時代が大きなうねりを見せる第四巻。

購入サイト

宮城谷昌光(ミヤギタニ・マサミツ) プロフィール

1945(昭和20)年、愛知県生れ。早稲田大学第一文学部英文科卒。出版社勤務等を経て1991(平成3)年、『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。1993年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞受賞。2000年、司馬遼太郎賞受賞。『晏子』『玉人』『史記の風景』『楽毅』『侠骨記』『沈黙の王』『管仲』『香乱記』『三国志』『古城の風景』『春秋名臣列伝』『楚漢名臣列伝』『風は山河より』『新三河物語』『呉越春秋 湖底の城』等著書多数。

この著者の書籍

歴史小説−中世のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ