せき越えぬ(新潮文庫)

西條奈加/著
配信開始日: 2021/09/29
価格:649円(税込)
新潮文庫
時代小説
作品カナ:セキコエヌシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-135779-9
たとえこの身に害が及んでも友を助けてみせる。関所を巡る人間模様を描く人情時代小説。
東海道箱根の関所には、曰くありげな旅人が訪れる。離縁され故郷に帰る女。江戸から夜逃げをした夫婦……。実直な番士武藤一之介は、親友の騎山市之助から関所に関する法外な依頼をされる。一之介は逡巡するも決断する。友の人生の岐路に際し何もしないのは裏切りも同然。たとえこの身に害が及んでも必ず友を助けなければならない――。関所をめぐる人間ドラマを描いた圧巻の人情時代小説。(解説・末國善巳)

関連記事

購入サイト

西條奈加(サイジョウ・ナカ) プロフィール

1964(昭和39)年、北海道生れ。都内英語専門学校卒業。2005(平成17)年、『金春屋ゴメス』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞。2012年『涅槃の雪』で中山義秀文学賞、2015年『まるまるの毬』で吉川英治文学新人賞、2021年『心淋し川』で直木賞を受賞。著書に『金春屋ゴメス 異人村阿片奇譚』『善人長屋』『千両かざり 女細工師お凜』『閻魔の世直し 善人長屋』『大川契り 善人長屋』『上野池之端 鱗や繁盛記』『せき越えぬ』などがある。

この著者の書籍

時代小説のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ