書評・エッセイ

2021年11月号掲載

「国家」に抗する「海の民」

三浦佑之『「海の民」の日本神話 古代ヤポネシア表通りをゆく』(新潮選書)

赤坂憲雄

対象書籍名:『「海の民」の日本神話 古代ヤポネシア表通りをゆく』(新潮選書)
対象著者:三浦佑之
対象書籍ISBN:978-4-10-603872-3

 思えば、『出雲神話論』(講談社)の衝撃から二年足らずで、その続編との邂逅を果たすことになった。前著で先送りされた、「古代ヤポネシアの表通り」の史的景観がくっきりと浮き彫りになったことに驚きを覚える。補論の域ではない。未踏のあやうい領域に、三浦佑之さんは怖れげもなく足を踏み入れ、道標のいくつかを打ち込んでみせたのだ。守りの姿勢がかけらもない。もはや、国文学という牙城に身を寄せることもない。これは膨大な文献読みには留まらず、フィールドを訪れて読みを深めることを重ねてきた成果の詰まった著書なのである。
 古事記・日本書紀・風土記、そして万葉集はいずれも、古代律令国家としての「日本」の誕生以後に属している。三浦さんが力説されてきたように、もはや「記紀神話」の時代は終わった。出雲こそがリトマス試験紙となる。なにしろ日本書紀は、出雲を視野の外に祀り捨てたテクストだった。しかし、出雲神話を豊穣に抱えこんだ古事記とて、出雲の背後に沈められた海の世界を真っすぐに物語りしているわけではない。
 だから、三浦さんは古事記を核としながらも、考古学や歴史学の新しい研究を越境的に摂りこみ、古代ヤポネシアの掘り起こしへと向かわざるをえない。ここで、ヤポネシアとはむろん、島尾敏雄の綺想に富んだヤポネシア論を承(う)けている。それは奄美・沖縄から黒潮によって北上してゆく海上の道に沿った、「日本」を超えるためのもうひとつの日本文化論の試みであった。三浦さんはさらに、古代の日本海文化圏を「表通り」へと転倒させながら、もうひとつのヤポネシア論へと足を踏みだしていったのである。
 三浦さんが表明してきた、古代律令国家とともに誕生した「日本」にたいする懐疑と批判を、わたしもまた共有している。都から放射状に伸びる陸の道によって地方を支配する中央集権的な国家像としての「日本」は、中世という例外はあれ、現代にまで生きながらえてきた。だから、「日本」の誕生以前の「古代ヤポネシアの表通り」をなす環日本海世界の掘り起こしが必要とされた。古代の「日本」は陸の道によって、海の道が繋いできたヤポネシア世界を分断し、不可視の場所へと追いこんでいった、と三浦さんはいう。
 その豊かな構想力が描きだした、埋もれた列島の黎明期の「国家に抗する社会」(ピエール・クラストル)に熱い共感を覚えている。そのうえで、わたし自身の妄想メモを書き留めておきたくなった。列島の古代に見いだされる国家に抗する社会としては、東北の蝦夷(えみし)たちの、ゆるやかに連携する「山の民」の部族社会が浮かぶ。それにたいして、三浦さんが発見しているのは、日本海を舞台とした海の道で繋がれる地域分散型の「海の民」の社会である。それはたとえば、多島海型のネットワークで繋がれた地域連携とは異なった、もうひとつの「国家」に抗する「海の民」による地域連携であろうか。
 この本の隠れた主人公は潟湖(せきこ)、つまりラグーンであった。それはいたるところに遍在している。三浦さんは周到に、たくさんのラグーンの所在をあきらかな名前とともに書きこんでいる。ラグーンの意味を問いかけるとき、柳田国男の明治四十二年のエッセイ、「潟に関する聯想」はいまも豊かな刺激に満ちている。日本海岸では風景の特色が潟に集まっている、と柳田は書いた。太平洋側にも、リアス式海岸ばかりでなく、潟のある風景が見られないわけではない。留保が必要か。
 日本海に沿ってラグーンを抱いた海岸景観が、本州の北から南へとたどられていた。そこに見いだされていたのは、漁業/交通/稲作が交叉することで編まれてきた天然と人間との交渉史であった。「潟に関する聯想」には、三浦さんがそっと書きこんでいた潟湖の名前が次々に拾われている。そこから『「海の民」の日本神話』を照射してみるのもいい。
 ラグーンに生まれる海村は、その前面に広がっている海によって遠く離れたいくつものラグーンの村と繋がり、水平的な関係のもとで交易や交流、婚姻の網の目を張り巡らしていた。と同時に、そこに流れこむ川や沢を通じて、内陸の稲作農村や、焼畑・狩猟・採集などの稲作以前をかかえた山村へ結ばれていた。山―里―海を有機的に繋いでいる結節点としてのラグーン、そこに埋めこまれた関渡津泊(かんとしんぱく)を起点とした交通の諸相にこそ、眼を凝らしてみたい。そして、この先には、避けがたく「青潮文化論」との連携が求められるにちがいない。


 (あかさか・のりお 学習院大学教授)

最新の書評・エッセイ

ページの先頭へ