山本幸久(ヤマモト・ユキヒサ)

山本幸久

1966年東京都生まれ。中央大学を卒業後、内装会社や編集プロダクション勤務を経て2003年『笑う招き猫』で第16回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。仕事や芸事に懸命に打ち込む人々の物語を軽妙な文体で綴り人気を博す。他の著作に『凸凹デイズ』『渋谷に里帰り』『カイシャデイズ』『ある日、アヒルバス』『愛は苦手』『寿フォーエバー』『ジンリキシャングリラ』『芸者でGO!』『店長がいっぱい』『誰がために鐘を鳴らす』『ウチのセンセーは、今日も失踪中』『ふたりみち』『あたしの拳が吼えるんだ』など多数。『笑う招き猫』『ある日、アヒルバス』は映像化もされている。

書籍一覧

関連記事

ページの先頭へ