伊藤比呂美(イトウ・ヒロミ)

伊藤比呂美

1955年、東京都生まれ。1978年、『草木の空』でデビュー。1980年代の女性詩ブームをリードする。結婚・出産を経て1997年に渡米した後、熊本に住む両親の遠距離介護を続けていた。1999年、『ラニーニャ』で野間文芸新人賞、2006年、『河原荒草』で高見順賞、『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』で2007年に萩原朔太郎賞、2008年に紫式部文学賞を受賞。2015年、早稲田大学坪内逍遙大賞、2019年、種田山頭火賞を受賞。『良いおっぱい 悪いおっぱい〔完全版〕』『女の絶望』『女の一生』『読み解き「般若心経」』『閉経記』『犬心』『父の生きる』『新訳 説経節』『切腹考』『ウマし』『たそがれてゆく子さん』『先生! どうやって死んだらいいですか?』(山折哲雄氏との共著)『死を想う――われらも終には仏なり』(石牟礼道子氏との共著)『先生、ちょっと人生相談いいですか?』(瀬戸内寂聴氏との共著)ほか著書多数。

書籍一覧

関連記事

ページの先頭へ