遊女のあと(新潮文庫)

諸田玲子/著
配信開始日: 2016/09/02
価格:858円(税込)
新潮文庫
文芸一般 時代小説
作品カナ:ユメノアトシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-119431-8
夫を捨てた女、妻を追う男。夢の都・尾張名古屋でめぐり逢った二人はある政争に巻き込まれていた。傑作歴史時代小説。
八代将軍・吉宗の時代、質素倹約を強いる幕府に対抗して、尾張名古屋は遊興を奨励し、空前の繁栄を見せていた。異人との出会いから、夫をすて福岡を出たこなぎと、女敵討ちのために江戸を離れた鉄太郎。長い旅路の末に名古屋の地でめぐり逢った二人は、それぞれの秘密を胸に秘めたまま接近する。巨大な政争の具となっていることも知らずに──。著者渾身の傑作歴史時代小説。

購入サイト

諸田玲子(モロタ・レイコ) プロフィール

1954(昭和29)年、静岡市生れ。上智大学文学部英文科卒。外資系企業勤務の後、翻訳・作家活動に入る。1996(平成8)年『眩惑』でデビュー。2003年『其の一日』で吉川英治文学新人賞、2007年『奸婦にあらず』で新田次郎文学賞、2012年『四十八人目の忠臣』で歴史時代作家クラブ賞、2018年『今ひとたびの、和泉式部』で親鸞賞を受賞。「お鳥見女房」「あくじゃれ瓢六」「天女湯おれん」「狸穴あいあい坂」「きりきり舞い」シリーズの他、『森家の討ち入り』『女だてら』など著書多数。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

時代小説のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ