螺旋の手術室(新潮文庫)

知念実希人/著
配信開始日: 2018/03/16
価格:781円(税込)
新潮文庫
ミステリ
作品カナ:ラセンノシュジュツシツシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-121071-1
手術室での不可解な死。次々と殺される教授選の候補者たち。慟哭の医療ミステリー!
純正会医科大学附属病院の教授選の候補だった冴木真也准教授が、手術中に不可解な死を遂げた。彼と教授の座を争っていた医師もまた、暴漢に襲われ殺害される。二つの死の繋がりとは。大学を探っていた探偵が遺した謎の言葉の意味は。父・真也の死に疑問を感じた裕也は、同じ医師として調査を始めるが……。「完全犯罪」に潜む医師の苦悩を描く、慟哭の医療ミステリー。『ブラッドライン』改題。

関連記事

購入サイト

知念実希人(チネン・ミキト) プロフィール

1978(昭和53)年、沖縄県生れ。東京慈恵会医科大学卒業。2004(平成16)年から医師として勤務。2011年、「レゾン・デートル」で島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。2012年、同作を『誰がための刃』と改題し、デビュー。 2018年、『崩れる脳を抱きしめて』で広島本大賞、沖縄書店大賞を受賞。同作で本屋大賞にノミネートされる。他の著書に「天久鷹央」シリーズ、『螺旋の手術室』『ひとつむぎの手』『仮面病棟』『ムゲンのi』『優しい死神の飼い方』『硝子の塔の殺人』などがある。

この著者の書籍

ミステリのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ