新着 ここに物語が(新潮文庫)

梨木香歩/著
配信開始日: 2024/05/29
価格:781円(税込)
新潮文庫
エッセイ・随筆 図書・出版 人生論
作品カナ:ココニモノガタリガシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-125347-3
人は物語に付き添われながら、一生をまっとうする――。本と物語をめぐるエッセイ集。
人は人生のそのときどき、大小様様な物語に付き添われ、支えられしながら一生をまっとうする――。『二十歳の原点』『木かげの家の小人たち』『あらしの前』『百年の孤独』。作家・梨木香歩は、どんな本に出会い、どんなことに想いを馳(は)せ、物語を紡いできたのか。過去二十年に亘(わた)り綴られた、数多(あまた)の書評や解説、そして本や映画にまつわるエッセイを通してその思考を追う、たまらなく贅沢な一冊。(解説・長田育恵)

関連記事

購入サイト

梨木香歩(ナシキ・カホ) プロフィール

1959(昭和34)年生れ。小説に『丹生都比売 梨木香歩作品集』『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』『裏庭』『からくりからくさ』『りかさん』『家守綺譚』『村田エフェンディ滞土録』『沼地のある森を抜けて』『ピスタチオ』『僕は、そして僕たちはどう生きるか』『雪と珊瑚と』『冬虫夏草』『海うそ』『岸辺のヤービ』など、またエッセイに『春になったら莓を摘みに』『ぐるりのこと』『渡りの足跡』『不思議な羅針盤』『エストニア紀行』『やがて満ちてくる光の』『炉辺の風おと』『歌わないキビタキ』などがある。

この著者の書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

図書・出版のおすすめ書籍

人生論のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ