笠谷和比古(カサヤ・カズヒコ)

笠谷和比古

1949年神戸生まれ。京都大学文学部卒業。同大学院博士課程修了。博士(文学)。国際日本文化研究センター教授を経て、現在は帝塚山大学文学部教授。専門は歴史学、武家社会論。著書に『主君「押込」の構造』『関ヶ原合戦』『徳川吉宗』『江戸御留守居役』『武士道と日本型能力主義』『関ヶ原合戦と大坂の陣』『武士道―侍社会の文化と倫理―』など多数。

書籍一覧

関連記事

ページの先頭へ