高杉良(タカスギ・リョウ)

高杉良

1939(昭和14)年東京生まれ。石油化学専門紙記者のかたわら、1975年『虚構の城』で作家デビュー。綿密な取材に立脚した経済小説の第一人者として活躍。『金融腐蝕列島』シリーズは映像化され、大きな反響を呼んだ。著書に『人事異動』、『生命燃ゆ』、『小説日本興業銀行』、『炎の経営者』、『出世と左遷』、『小説ヤマト運輸』、『組織に埋れず』、『不撓不屈』、『虚像の政商』、『めぐみ園の夏』、『リベンジ 巨大外資銀行』、『雨にも負けず』ほか多数。

書籍一覧

関連記事

ページの先頭へ