いつか、この世界で起こっていたこと

黒川創/著
配信開始日: 2012/11/02
価格:1,496円(税込)
単行本
文芸一般
作品カナ:イツカコノセカイデオコッテイタコト
紙書籍ISBN:978-4-10-444405-2
ベラルーシのきのこ狩りは、一平米あたり七万四〇〇〇ベクレル以下の森で――。
犬を連れ、白樺とモミの林にきのこ狩りにでかけていたチェーホフ。一九七七年のエルヴィスの死と、アメリカ核施設見学ツアー。ユーゴから日本へと逃れてきた女性シンガー。関東大震災の津波で生死を分けた鎌倉の夫婦。震災後に生きるわたしたちを小さな光で導く、いつか、どこかで、起こっていたこと。深い思索にみちた短篇集。

関連記事

購入サイト

黒川創(クロカワ・ソウ) プロフィール

1961年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業。1999年、初の小説『若冲の目』刊行。2008年刊『かもめの日』で読売文学賞、2013年刊『国境〔完全版〕』で伊藤整文学賞(評論部門)、2014年刊『京都』で毎日出版文化賞、2018年刊『鶴見俊輔伝』で大佛次郎賞を受賞。おもな小説に『もどろき』『いつか、この世界で起こっていたこと』『暗殺者たち』『京都』『岩場の上から』『暗い林を抜けて』、評論に『きれいな風貌――西村伊作伝』『日高六郎・95歳のポルトレ――対話をとおして』、鶴見俊輔・加藤典洋との共著『日米交換船』など。編著に『鶴見俊輔コレクション』全4巻、『鶴見俊輔さんの仕事』全5巻ほか。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ