養老孟司の大言論III 大切なことは言葉にならない(新潮文庫)

養老孟司/著
配信開始日: 2021/11/12
価格:605円(税込)
新潮文庫
哲学・思想
作品カナ:ヨウロウタケシノダイゲンロン03タイセツナコトハコトバニナラナイシンチョウブンコ
シリーズ名: 養老孟司の大言論
紙書籍ISBN:978-4-10-130840-1
私はまだまだ世界が知りたい! 古典から漫画まで! オススメ本リスト付き。
人間は理性的でないために、宗教は存在するが、日本人は宗教からの自由を謳歌しているそうだ。言葉はウソをつくためにあるのかもしれない。だから大切なことはやってみせるのがいい。もちろん「想定外」はいつでも起こりうるけれど。台湾、インド、ブータン……さまざまな土地で考えたことを綴った「大言論」シリーズ最終章。古典から漫画まで、養老先生オススメ本リスト付きの完全版。

購入サイト

養老孟司(ヨウロウ・タケシ) プロフィール

1937(昭和12)年、鎌倉生れ。解剖学者。東京大学医学部卒。東京大学名誉教授。1989(平成元)年『からだの見方』でサントリー学芸賞受賞。新潮新書『バカの壁』は大ヒットし2003年のベストセラー第1位、また新語・流行語大賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞した。『唯脳論』『かけがえのないもの』『手入れという思想』『バカの壁のそのまた向こう』『ヒトの壁』など著書多数。

この著者の書籍

哲学・思想のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ