ヒトの壁(新潮新書)

養老孟司/著
配信開始日: 2021/12/17
価格:858円(税込)
新潮新書
エッセイ・随筆 哲学・思想
作品カナ:ヒトノカベシンチョウシンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-610933-1
他人の顔色をうかがい過ぎていないか――? コロナ禍、自身の心筋梗塞、愛猫まるの死を経て、84歳の知性が考え抜いた、究極の人間論!
病気はコロナだけじゃない。そして、死は誰にでも平等にやってくる。新型コロナウィルス禍と五輪、死の淵をのぞいた自身の心筋梗塞、愛猫まるの死――ヒトという生物であると実感し、2年間の体験からあらためて問い直す。人生そのものが、不要不急ではないか。それでも生きる価値はどこにあるのか。84歳の知性が考え抜いた、究極の人間論! 「壁」シリーズ4年ぶり待望の最新刊。

購入サイト

養老孟司(ヨウロウ・タケシ) プロフィール

1937(昭和12)年、鎌倉生れ。解剖学者。東京大学医学部卒。東京大学名誉教授。1989(平成元)年『からだの見方』でサントリー学芸賞受賞。新潮新書『バカの壁』は大ヒットし2003年のベストセラー第1位、また新語・流行語大賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞した。『唯脳論』『かけがえのないもの』『手入れという思想』『バカの壁のそのまた向こう』『ヒトの壁』など著書多数。

この著者の書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

哲学・思想のおすすめ書籍

新潮新書のおすすめ書籍

ページの先頭へ