雲の都―第五部 鎮魂の海―

加賀乙彦/著
配信開始日: 2013/01/11
価格:2,024円(税込)
単行本
文芸一般
作品カナ:クモノミヤコ05チンコンノウミ
紙書籍ISBN:978-4-10-330814-0
『永遠の都』スタートから四半世紀、渾身の自伝的大河小説堂々完結!
悠太もいまや六十代半ば、娘・夏香は父親が神戸で町工場を経営する青年と結婚し、息子の悠助もプロのピアニストを目指し始める。ところが、阪神大震災と地下鉄サリン事件が二人の運命を大きく変える……。昭和初期から世紀末までの波乱の時代と一族の歴史を描く著者のライフワークついに完結。

関連記事

購入サイト

加賀乙彦(カガ・オトヒコ) プロフィール

1929(昭和4)年、東京生まれ。東京大学医学部卒業。1957年から1960年にかけてフランスに留学、パリ大学サンタンヌ病院と北仏サンヴナン病院に勤務した。犯罪心理学・精神医学の権威でもある。著書に『フランドルの冬』『帰らざる夏』(谷崎潤一郎賞)、『宣告』(日本文学大賞)、『湿原』(大佛次郎賞)、『錨のない船』など多数。『永遠の都』で芸術選奨文部大臣賞を受賞、続編である『雲の都』で毎日出版文化賞特別賞を受賞した。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ