新着 飛び立つ季節―旅のつばくろ― 電子オリジナル版 無料お試し版

沢木耕太郎/著
配信開始日: 2022/06/15
価格:0円(税込)
単行本
エッセイ・随筆 紀行・旅行
作品カナ:トビタツキセツタビノツバクロデンシオリジナルバンムリョウオタメシバン
いつだって旅はある。そう、夢の場所がある限りは――。
16歳のとき初めて一人で旅した秋田県男鹿半島、檀一雄の墓に参った福岡県柳川、吉永小百合と語り合った伊豆の修善寺……旅先での風景を前に、「あの頃」と「いま」が交錯する。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で人気を博した連載などから35編を収録、『深夜特急』の著者が気の向くままに歩き続けた、国内旅エッセイ集。〈電子オリジナル版〉は沢木耕太郎撮影の写真が収録されています。
「雨雲からの逃走」「心残り」「続けて通えば」の3編を収録した、無料お試し特別版!

購入サイト

沢木耕太郎(サワキ・コウタロウ) プロフィール

1947年東京生れ。横浜国立大学経済学部卒業。ほどなくルポライターとして出発し、鮮烈な感性と斬新な文体で注目を集める。1979年『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、1982年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞。その後も『深夜特急』や『檀』など今も読み継がれる名作を次々に発表し、2006年『凍』で講談社ノンフィクション賞を、2014年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞している。近年は長編小説『波の音が消えるまで』『春に散る』を刊行。その他にも『旅する力』『あなたがいる場所』『流星ひとつ』「沢木耕太郎ノンフィクション」シリーズ(全九巻)などがある。2018年『銀河を渡る 全エッセイ』『作家との遭遇 全作家論』、2020年初めての国内旅エッセイ集『旅のつばくろ』、全四巻となる「沢木耕太郎セッションズ〈訊いて、聴く〉」を刊行。

この著者の書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

紀行・旅行のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ