国の死に方(新潮新書)

片山杜秀/著
配信開始日: 2013/06/28
価格:660円(税込)
新潮新書
政治
作品カナ:クニノシニカタシンチョウシンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-610500-5
日本人は、何を間違えたのか。『未完のファシズム』で話題の著者、衝撃の論考!
そんなに国を死なせたいのか? 歴史はやはり繰り返すのか? リーダー不在と官僚組織の弊害、出口の見えない不況、未曾有の震災と東北の苦境……鬱積する国民の不満を受けとめられない政治は、相次ぐ国難にも右往左往を繰り返すばかり。近年、この国の有り様は、あの戦争前後の混迷に驚くほど通底している。国家が自壊してゆくプロセスを精察し、暗雲漂う現代の「この国のかたち」を浮き彫りにする。

購入サイト

片山杜秀(カタヤマ・モリヒデ) プロフィール

1963年仙台市生まれ。政治思想史研究者、音楽評論家。慶應義塾大学法学部教授。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。『音盤考現学』および『音盤博物誌』で吉田秀和賞、サントリー学芸賞を受賞。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。著書に『近代日本の右翼思想』『国の死に方』『クラシックの核心』『見果てぬ日本』『鬼子の歌』『ベートーヴェンを聴けば世界史がわかる』『皇国史観』等、共著に『平成史』等がある。

この著者の書籍

政治のおすすめ書籍

新潮新書のおすすめ書籍

ページの先頭へ