新着 大楽必易―わたくしの伊福部昭伝―

片山杜秀/著
配信開始日: 2024/01/31
価格:2,970円(税込)
単行本
評論一般 音楽
作品カナ:タイガクヒツイワタクシノイフクベアキラデン
紙書籍ISBN:978-4-10-339712-0
『ゴジラ』で音楽革命を起こした作曲家の生涯を直話で辿る決定版評伝!
《ドシラ ドシラ ドシラソラシドシラ》というテーマ曲で怪獣に生命を与えた伊福部昭。原点はアイヌとの深い交流だった。北海道のアマチュア作曲家がチェレプニン賞第1位となり活躍した戦前・戦中から放射線被曝による雌伏を経て、映画で復活。91年の生涯を世界音楽史の中で捉え直し、なぜ幼児の心すら攫うのか、その秘密を探る。

関連記事

購入サイト

片山杜秀(カタヤマ・モリヒデ) プロフィール

1963年宮城県仙台市生まれ。政治思想史研究者、音楽評論家。慶應義塾大学法学部教授。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、同大大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。大学院時代からライター生活に入り、『週刊SPA!』で1994年から2003年まで続いたコラム「ヤブを睨む」は『ゴジラと日の丸――片山杜秀の「ヤブを睨む」コラム大全』(文藝春秋)として単行本化。主な著書に『音盤考現学』『音盤博物誌』(アルテスパブリッシング 吉田秀和賞・サントリー学芸賞)、『未完のファシズム――「持たざる国」日本の運命』(新潮社 司馬遼太郎賞)、『近代日本の右翼思想』(講談社選書メチエ)、『見果てぬ日本――司馬遼太郎・小津安二郎・小松左京の挑戦』(新潮社)、『鬼子の歌――偏愛音楽的日本近現代史』(講談社)、『尊皇攘夷――水戸学の四百年』(新潮選書)など。

この著者の書籍

評論一般のおすすめ書籍

音楽のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ