新三河物語(上)(新潮文庫)

宮城谷昌光/著
配信開始日: 2015/02/06
価格:770円(税込)
新潮文庫
歴史小説−中世
作品カナ:シンミカワモノガタリ01シンチョウブンコ
シリーズ名: 新三河物語
紙書籍ISBN:978-4-10-144457-4
今川義元、桶狭間に堕つ。松平元康、岡崎に立つ。家康最初の苦難、三河一向一揆と大久保一族を描く歴史巨編。
永禄3年(1560年)、織田信長の急襲に遭って、今川義元は桶狭間に斃れた。義元に頤使されていた松平元康(家康)は父祖の地、西三河は岡崎城に戻り、悲願の独立を果たす。だが息継ぐ間もなく、一向一揆が勃発。血縁者が敵味方に分かれ、相争う国力消耗の未曾有の事態から家康を救ったのは大久保忠俊(常源)だった。忠俊率いる大久保一党の決死の進退が深く胸を打つ戦国歴史小説の巨編。

購入サイト

宮城谷昌光(ミヤギタニ・マサミツ) プロフィール

1945(昭和20)年、愛知県生れ。早稲田大学第一文学部英文科卒。出版社勤務等を経て1991(平成3)年、『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。1993年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞受賞。2000年、司馬遼太郎賞受賞。『晏子』『玉人』『史記の風景』『楽毅』『侠骨記』『沈黙の王』『管仲』『香乱記』『三国志』『古城の風景』『春秋名臣列伝』『楚漢名臣列伝』『風は山河より』『新三河物語』『呉越春秋 湖底の城』等著書多数。

この著者の書籍

歴史小説−中世のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ