方丈の孤月―鴨長明伝―(新潮文庫)

梓澤要/著
配信開始日: 2021/10/28
価格:781円(税込)
新潮文庫
時代小説 歴史小説−中世
作品カナ:ホウジョウノコゲツカモノチョウメイデンシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-121184-8
鴨長明は、生きるのが下手な男だった――。幾度も挫折しながら滑稽なほど懸命に生きた生涯。
齢五十余にして粗末な庵で想う。私の一生とは何だったのか。下鴨神社の神職の家に生まれながらも、不運と挫折の連続。孤独を抱え、災禍に遭った都を悶々と歩き回る。やがて歌の才が認められ「新古今和歌集」に入撰するのだが――。晩年、独り方丈に坐し、筆を執る。「ゆく河の流れは絶えずして…」。人はどこから来てどこへ行くのか。世の無常と、生きる意味を見つめ続けた長明の不器用で懸命な生涯。(解説・細谷正充)

関連記事

購入サイト

梓澤要(アズサワ・カナメ) プロフィール

1953(昭和28)年静岡県生れ。明治大学文学部卒業。1993(平成5)年、『喜娘』で第18回歴史文学賞を受賞しデビュー。歴史に対する知的な洞察とドラマ性で、本格派の歴史作家として評価されてきた。執筆の傍ら、東洋大学大学院で仏教史を学ぶ。2017年、『荒仏師 運慶』で第23回中山義秀文学賞を受賞。著書に、『捨ててこそ空也』『万葉恋づくし』『光の王国 秀衡と西行』『越前宰相秀康』『阿修羅』『百枚の定家』『夏草ヶ原』『遊部』『橘三千代』『枝豆そら豆』『唐衣』『女にこそあれ次郎法師』等がある。

この著者の書籍

時代小説のおすすめ書籍

歴史小説−中世のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ