マクベス(新潮文庫)

ウィリアム・シェイクスピア/著、 福田恆存/訳
配信開始日: 2016/01/29
価格:440円(税込)
新潮文庫
イギリス文学
作品カナ:マクベスシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-202007-4
殺してでも、欲しいもの。それが王の座。「権力」という毒に溺れた男を描く、シェイクスピア4大悲劇の白眉!
かねてから、心の底では王位を望んでいたスコットランドの武将マクベスは、荒野で出会った三人の魔女の奇怪な予言と激しく意志的な夫人の教唆により野心を実行に移していく。王ダンカンを自分の城で暗殺し王位を奪ったマクベスは、その王位を失うことへの不安から次々と血に染まった手で罪を重ねていく……。シェイクスピア四大悲劇中でも最も密度の高い凝集力をもつ作品である。

購入サイト

ウィリアム・シェイクスピア(Shakespeare,William) プロフィール

(1564-1616)ストラトフォード・オン・エイヴォンに生る。20歳頃出郷、初めロンドンで役者、後に座付作者として活躍。『ロミオとジュリエット』をはじめ約37編の史劇・悲劇・喜劇を創作。詩作にも秀で、エリザベス朝ルネサンス文学の巨星となる。47歳で突如隠退、余生を故郷で送った。

この著者の書籍

福田恆存(フクダ・ツネアリ) プロフィール

(1912-1994)東京本郷に生まれる。東京大学英文科を卒業。中学教師、編集者などを経て、日本語教育振興会に勤める傍らロレンスの『アポカリプス』の翻訳や芥川龍之介論などの文芸評論を手がける。戦後は、評論『近代の宿命』『小説の運命』『藝術とはなにか』『人間・この劇的なるもの』『私の幸福論』『平和の理念』等を刊行。また、国語問題に関して歴史的仮名遣い擁護の立場で論じた『私の國語教室』がある。訳業に『シェイクスピア全集』(読売文学賞受賞)の他、ワイルド、ロレンス、エリオット、ヘミングウェイ作品等がある。劇作家、演出家として劇団「昴」を主宰し、演劇活動も行なう。全集に『福田恆存全集』『福田恆存翻訳全集』がある。

この著者の書籍

イギリス文学のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ