雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行―(新潮文庫)

村上春樹/著
配信開始日: 2016/12/23
価格:506円(税込)
新潮文庫
エッセイ・随筆 紀行・旅行
作品カナ:ウテンエンテンギリシャトルコヘンキョウキコウシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-100139-5
若き村上春樹のギリシャ・トルコ辺境紀行! 雨でも負けず埃にもめげず、タフでワイルドな旅へ――。
「女」と名のつくものはたとえ動物であろうと入れない、ギリシャ正教の聖地アトス。険しい山道にも、厳しい天候にも、粗食にも負けず、アトスの山中を修道院から修道院へひたすら歩くギリシャ編。一転、若葉マークの四駆を駆って、ボスフォラス海峡を抜け、兵隊と羊と埃がいっぱいのトルコ一周の旅へ――。雨に降られ太陽に焙られ埃にまみれつつ、タフでハードな冒険の旅は続く!

購入サイト

村上春樹(ムラカミ・ハルキ) プロフィール

1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『騎士団長殺し』がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

この著者の書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

紀行・旅行のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ