なぜ日本企業は勝てなくなったのか―個を活かす「分化」の組織論―(新潮選書)

太田肇/著
配信開始日: 2017/09/08
価格:1,056円(税込)
新潮選書
社会
作品カナ:ナゼニホンキギョウハカテナクナッタノカコヲイカスブンカノソシキロンシンチョウセンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-603798-6
さらば、集団主義! 企業を再生させる新しい働き方とは?
会社が危機の時、全社一丸になろうとしてはいないか? かつて利点だった日本企業の「まとまる力」が、いま社員一人一人の能力を引き出すことの大きな妨げとなり、組織を不活性化させている。必要なのは、まず組織や集団から個人を「引き離すこと」なのだ。働き方をドラスティックに変え、個の力を充分に活かすための大胆な提案。

関連記事

購入サイト

太田肇(オオタ・ハジメ) プロフィール

1954(昭和29)年兵庫県生まれ。同志社大学政策学部教授。神戸大学大学院経営学研究科修了。経済学博士。専門は個人を尊重する組織の研究。『個人尊重の組織論』『承認欲求』『公務員革命』『がんばると迷惑な人』『個人を幸福にしない日本の組織』など、著作多数。講演やメディアでの登場も多い。

この著者の書籍

社会のおすすめ書籍

新潮選書のおすすめ書籍

ページの先頭へ