もってけ屋敷と僕の読書日記(新潮文庫nex)

三川みり/著
配信開始日: 2017/12/08
価格:649円(税込)
新潮文庫nex
ライトノベル
作品カナ:モッテケヤシキトボクノドクショニッキシンチョウブンコネックス
紙書籍ISBN:978-4-10-180111-7
恋も友情も、そして孤独も一冊の本が教えてくれた。
風光明媚な尾道に暮らす中学2年の鈴川有季(すずかわゆうき)は、ある日、奇妙な自動販売機を発見。100円玉を投入すると、大量の本と、その後ろから老人が現れた。本に埋もれた屋敷を終活整理する目的で始めたらしい。しかし、「どんな本にだって、救われたり感動する奴はいる」と熱弁する彼の言葉に有季の人生が動き出す――少年と、本をこよなく愛する老人との出会いを通して描く友情と恋と家族の物語。

購入サイト

三川みり(ミカワ・ミリ) プロフィール

広島県生れ。角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞を受賞し、『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』でデビュー。同シリーズが人気を博す。ほか、「封鬼花伝」シリーズ、「一華後宮料理帖」シリーズ、「ここは神楽坂西洋館」シリーズ、『君と読む場所』、「龍ノ国幻想」シリーズなど著書多数。

この著者の書籍

ライトノベルのおすすめ書籍

新潮文庫nexのおすすめ書籍

ページの先頭へ