心に龍をちりばめて(新潮文庫)

白石一文/著
配信開始日: 2019/01/25
価格:605円(税込)
新潮文庫
文芸一般
作品カナ:ココロニリュウヲチリバメテシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-134071-5
人生には、訪れる。運命の相手を確信する瞬間が。究極の恋愛小説。
小柳美帆はエリート記者の黒川丈二との結婚を目前に、故郷の福岡で同級生の仲間優司と再会する。中学時代「俺は、お前のためならいつでも死んでやる」と唐突に謎の言葉を口走った優司。今その背中に大きな龍の刺青と計り知れぬ過去を背負っていた。時間や理屈を超え、二人の心に働く不思議な引力の正体とは――恋より底深いつながりの核心に迫り、運命の相手の存在を確信させる傑作。

購入サイト

白石一文(シライシ・カズフミ) プロフィール

1958(昭和33)年福岡県生れ。早稲田大学政治経済学部卒業。文藝春秋勤務を経て、2000(平成12)年『一瞬の光』でデビュー。2009年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞を、翌2010年には『ほかならぬ人へ』で直木賞を受賞。他に『不自由な心』『すぐそばの彼方』『僕のなかの壊れていない部分』『私という運命について』『どれくらいの愛情』『心に龍をちりばめて』『この世の全部を敵に回して』『砂の上のあなた』『翼』『幻影の星』『火口のふたり』『神秘』『愛なんて嘘』『ここは私たちのいない場所』『記憶の渚にて』『光のない海』『一億円のさようなら』『プラスチックの祈り』など著書多数。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ