バカの国(新潮新書)

百田尚樹/著
配信開始日: 2020/04/23
価格:880円(税込)
新潮新書
エッセイ・随筆
作品カナ:バカノクニシンチョウシンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-610863-1
おいおい日本、大丈夫か? パンデミックを受けての「怒りの長い長いまえがき」緊急収録!
バカが溢れている。何でもいちゃもんをつけて炎上させるクレーマー・バカ、SNSで自らの愚かさを世に知らしめる新手のバカ、常人には理解不能な真正のバカ。だが、笑ってばかりもいられない。血税を食い潰す役人、保身しか頭にない政治家、危機管理能力のない政府……バカは、いまやこの国の中枢まで侵食しつつあるのだ。ベストセラー作家がツッコミながらも警鐘を鳴らす、笑いと怒りの123篇!

購入サイト

百田尚樹(ヒャクタ・ナオキ) プロフィール

1956(昭和31)年大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006年『永遠の0』で作家デビュー。『海賊とよばれた男』(第十回本屋大賞受賞)『モンスター』『大放言』『夏の騎士』『バカの国』『アホか。』等著書多数。

この著者の書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

新潮新書のおすすめ書籍

ページの先頭へ