作家との遭遇(新潮文庫)

沢木耕太郎/著
配信開始日: 2022/04/26
価格:693円(税込)
新潮文庫
エッセイ・随筆 評論一般
作品カナ:サッカトノソウグウシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-123534-9
沢木耕太郎が書物の森で、あるいは酒場で出会った19人の作家、19の素顔。
少年の頃に開いた書物の森で、あるいは「学校」のようだった酒場の片隅で、沢木耕太郎が心奪われるように出会ってきた作家たち。山本周五郎、向田邦子、山口瞳、色川武大、吉村昭、吉行淳之介、小林秀雄、瀬戸内寂聴など、書くことが即ち生きることだった19人の作家に正面から相対し、その本質を描き出す。誰も知らなかった顔に辿り着き、緊張感さえ孕むスリリングな刺激あふれる作家論!

関連記事

購入サイト

沢木耕太郎(サワキ・コウタロウ) プロフィール

1947年東京生れ。横浜国立大学経済学部卒業。ほどなくルポライターとして出発し、鮮烈な感性と斬新な文体で注目を集める。1979年『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、1982年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞。その後も『深夜特急』や『檀』など今も読み継がれる名作を次々に発表し、2006年『凍』で講談社ノンフィクション賞を、2014年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞している。近年は長編小説『波の音が消えるまで』『春に散る』を刊行。その他にも『旅する力』『あなたがいる場所』『流星ひとつ』「沢木耕太郎ノンフィクション」シリーズ(全九巻)などがある。2018年『銀河を渡る 全エッセイ』『作家との遭遇 全作家論』、2020年初めての国内旅エッセイ集『旅のつばくろ』、全四巻となる「沢木耕太郎セッションズ〈訊いて、聴く〉」を刊行。

この著者の書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

評論一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ