顔のない裸体たち(新潮文庫)

平野啓一郎/著
配信開始日: 2007/04/27
価格:407円(税込)
新潮文庫
純文学 官能小説
作品カナ:カオノナイラタイタチシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-129038-6
欲望の中で見出されたのは新しい自分?「分人化」の兆候を捉えた官能的衝撃作。
赤いロープで縛られ、四つん這いになっている女。顔にはモザイクがかけられているが、間違いなくこれは私――! ごく平凡な女教師・吉田希美子は、出会い系サイトで知り合った男との行為にのめり込んでいく。男の趣味は、自らの性行為の撮影。アパートの駐輪場、大阪城、新幹線のトイレの中……あらゆる場所での淫らな行為がアダルトサイトに投稿されていた。しかし顔にはモザイクがかかっていて、誰にもわからないはずだった。事件が起きるまでは……。芥川賞作家が過激な描写でネット社会の罠を描いた問題作。

購入サイト

平野啓一郎(ヒラノ・ケイイチロウ) プロフィール

1975(昭和50)年、愛知県生れ。京都大学法学部卒。1999(平成11)年、大学在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により芥川賞を受賞。著書に『日蝕・一月物語』、『文明の憂鬱』、『葬送』(第一部・第二部)、『高瀬川』、『滴り落ちる時計たちの波紋』『あなたが、いなかった、あなた』、『決壊』(上・下)、『ドーン』、『かたちだけの愛』、『空白を満たしなさい』、『透明な迷宮』、『マチネの終わりに』などがある。

この著者の書籍

純文学のおすすめ書籍

官能小説のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ