人間の絆(上)(新潮文庫)

サマセット・モーム/著、 金原瑞人/訳
配信開始日: 2021/10/28
価格:1,045円(税込)
新潮文庫
イギリス文学
作品カナ:ニンゲンノキズナ01シンチョウブンコ
シリーズ名: 人間の絆
紙書籍ISBN:978-4-10-213030-8
世界的ベストセラーの決定的新訳! モームがすべてを賭けて書いた「文学の世界遺産」。
幼くして両親を失い、牧師である伯父に育てられた青年フィリップ。不自由な足のために劣等感にさいなまれて育ったが、いつしか信仰心を失い、芸術に魅了されてパリに渡る。しかし若き芸術家仲間と交流する中で、自らの才能の限界を知り、彼の中で何かが音を立てて崩れ去る。やむなくイギリスに戻り、医学を志すことになるのだが……。誠実な魂の遍歴を描いたS・モームの決定的代表作を新訳。

関連記事

購入サイト

サマセット・モーム(Maugham,William Somerset) プロフィール

(1874-1965)イギリスの小説家・劇作家。フランスのパリに生れるが、幼くして両親を亡くし、南イングランドの叔父のもとで育つ。ドイツのハイデルベルク大学、ロンドンの聖トマス病院付属医学校で学ぶ。医療助手の経験を描いた小説『ランベスのライザ』(1897)が注目され、作家生活に入る。1915年発表の『人間の絆』、1919年発表の『月と六ペンス』は空前のベストセラーとなった代表作である。

この著者の書籍

金原瑞人(カネハラ・ミズヒト) プロフィール

1954(昭和29)年岡山県生れ。翻訳家、英文学者。法政大学社会学部教授。エッセイ『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』『サリンジャーに、マティーニを教わった』のほか、『月と六ペンス』『ジゴロとジゴレット』(モーム)『武器よさらば』(ヘミングウェイ)『青空のむこう』(アレックス・シアラー)『ヘヴンアイズ』(デイヴィッド・アーモンド)『マンデー・モーニング』(サンジェイ・グプタ)『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる ハプワース16、1924年』(サリンジャー)など訳書多数。

この著者の書籍

イギリス文学のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ