高樹のぶ子(タカギ・ノブコ)

高樹のぶ子

1946(昭和21)年、山口県生れ。東京女子大学短大卒。1984年「光抱く友よ」で芥川賞、1995(平成7)年『水脈』で女流文学賞、1999年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、2006年『HOKKAI』で芸術選奨文部科学大臣賞、2010年「トモスイ」で川端康成文学賞をそれぞれ受賞。2009年紫綬褒章受章。2017年日本芸術院賞を受賞。2018年、文化功労者に選ばれる。他の著書に『百年の預言』『罪花』『ナポリ 魔の風』『fantasia』『マルセル』『ほとほと』などがある。

書籍一覧

関連記事

ページの先頭へ