トモスイ

高樹のぶ子/著
配信開始日: 2011/07/15
価格:1,232円(税込)
単行本
文芸一般
作品カナ:トモスイ
紙書籍ISBN:978-4-10-351608-8
夜の海で釣り上げた、貝のむき身みたいなもの。突起をそっと吸ってみると、とろりと甘い。
タイ訪問を機に執筆され、選考委員に絶賛された川端賞受賞作「トモスイ」ほか、アジア十カ国との交流から生まれた十篇を収める。台湾の小さな島から上海の路地裏へ、そしてモンゴルの荒野、インドネシアの密林まで。それぞれの土地に息づく瑞々しい匂いとやるせない思いを吸い込み、記憶の中の熱をはこぶ、アジアの物語たち。

購入サイト

高樹のぶ子(タカギ・ノブコ) プロフィール

1946(昭和21)年、山口県生れ。東京女子大学短大卒。1984年「光抱く友よ」で芥川賞、1995(平成7)年『水脈』で女流文学賞、1999年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、2006年『HOKKAI』で芸術選奨文部科学大臣賞、2010年「トモスイ」で川端康成文学賞をそれぞれ受賞。2009年紫綬褒章受章。2017年日本芸術院賞を受賞。2018年、文化功労者に選ばれる。他の著書に『百年の預言』『罪花』『ナポリ 魔の風』『fantasia』『マルセル』『ほとほと』などがある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ