山本文緒(ヤマモト・フミオ)

山本文緒

(1962-2021)1962年神奈川県生れ。OL生活を経て作家デビュー。1999年『恋愛中毒』で吉川英治文学新人賞、2001年『プラナリア』で直木賞を受賞した。著書に『あなたには帰る家がある』『眠れるラプンツェル』『絶対泣かない』『群青の夜の羽毛布』『落花流水』『そして私は一人になった』『ファースト・プライオリティー』『再婚生活』『アカペラ』『なぎさ』など多数。2021年『自転しながら公転する』で島清恋愛文学賞、中央公論文芸賞を受賞した。

書籍一覧

関連記事

ページの先頭へ