ベルンハルト・シュリンク(Schlink,Bernhard)

ベルンハルト・シュリンク

1944年ドイツ生まれ。小説家、法律家。ハイデルベルク大学、ベルリン自由大学で法律を学び、ボン大学、フンボルト大学などで教鞭をとる。1987年、『ゼルプの裁き』(共著)で作家デビュー。1995年刊行の『朗読者』は世界的ベストセラーとなり2008年に映画化された(邦題『愛を読むひと』)。他の作品に『週末』(2008)、『夏の嘘』(2010)、『階段を下りる女』(2014)など。2020年4月現在、ベルリンおよびニューヨークに在住。

書籍一覧

関連記事

ページの先頭へ