オルガ

ベルンハルト・シュリンク/著、 松永美穂/訳
配信開始日: 2020/05/01
価格:2,200円(税込)
新潮クレスト・ブックス
ドイツ文学
作品カナ:オルガ
紙書籍ISBN:978-4-10-590165-3
北の果てに消えた恋人へ、あなたは誰のためにそこに行くのか。
女は手が届く確かな幸せを願い、男は国家の繁栄を求めて旅に出た。貧富の差や数々の苦難を乗り越え、激動の20世紀ドイツを生きた女性オルガ。彼女が言えなかった秘密、そして人生の最期にとった途方もない選択の意味が、最果ての町に眠る手紙で解き明かされる――。ひとりの女性の毅然とした生き方を描いて話題となった長篇。

関連記事

購入サイト

ベルンハルト・シュリンク(Schlink,Bernhard) プロフィール

1944年ドイツ生まれ。小説家、法律家。ハイデルベルク大学、ベルリン自由大学で法律を学び、ボン大学、フンボルト大学などで教鞭をとる。1987年、『ゼルプの裁き』(共著)で作家デビュー。1995年刊行の『朗読者』は世界的ベストセラーとなり2008年に映画化された(邦題『愛を読むひと』)。他の作品に『週末』(2008)、『夏の嘘』(2010)、『階段を下りる女』(2014)など。2020年4月現在、ベルリンおよびニューヨークに在住。

この著者の書籍

松永美穂(マツナガ・ミホ) プロフィール

早稲田大学教授。訳書にベルンハルト・シュリンク『朗読者』(毎日出版文化賞特別賞受賞)、ペーター・シュタム『誰もいないホテルで』、ウーヴェ・ティム『ぼくの兄の場合』、ヘルマン・ヘッセ『車輪の下で』ほか多数。著書に『誤解でございます』など。

この著者の書籍

ドイツ文学のおすすめ書籍

新潮クレスト・ブックスのおすすめ書籍

ページの先頭へ