朗読者(新潮文庫)

ベルンハルト・シュリンク/著、 松永美穂/訳
配信開始日: 2019/06/07
価格:605円(税込)
新潮文庫
ドラマ・映画・アニメ関連 ドイツ文学
作品カナ:ロウドクシャシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-200711-2
15歳の僕と36歳のハンナ。人知れず始まった愛には、終わったはずの戦争が影を落していた。世界中を感動させた大ベストセラー。
15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちた。「なにか朗読してよ、坊や!」――ハンナは、なぜかいつも本を朗読して聞かせて欲しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。だが、ハンナは突然失踪してしまう。彼女の隠していた秘密とは何か。二人の愛に、終わったはずの戦争が影を落していた。現代ドイツ文学の旗手による、世界中を感動させた大ベストセラー。

購入サイト

ベルンハルト・シュリンク(Schlink,Bernhard) プロフィール

1944年ドイツ生まれ。小説家、法律家。ハイデルベルク大学、ベルリン自由大学で法律を学び、ボン大学、フンボルト大学などで教鞭をとる。1987年、『ゼルプの裁き』(共著)で作家デビュー。1995年刊行の『朗読者』は世界的ベストセラーとなり2008年に映画化された(邦題『愛を読むひと』)。他の作品に『週末』(2008)、『夏の嘘』(2010)、『階段を下りる女』(2014)など。2020年4月現在、ベルリンおよびニューヨークに在住。

この著者の書籍

松永美穂(マツナガ・ミホ) プロフィール

早稲田大学教授。訳書にベルンハルト・シュリンク『朗読者』(毎日出版文化賞特別賞受賞)、ペーター・シュタム『誰もいないホテルで』、ウーヴェ・ティム『ぼくの兄の場合』、ヘルマン・ヘッセ『車輪の下で』ほか多数。著書に『誤解でございます』など。

この著者の書籍

ドラマ・映画・アニメ関連のおすすめ書籍

ドイツ文学のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ